足の怪我・リハビリ施術方法

  • 骨折はなかったが痛い
  • 早く治して運動もしたい
  • 整形外科や病院は時間がなく通えない
  • 固定していて筋力がおちた
  • 湿布と痛み止めだけだと不安

交通事故の施術費用は自賠責保険の適用で実質0円です。

交通事故の足の怪我・骨折後のリハビリ施術 名古屋市北区【さくら接骨院・整体院】

名古屋市北区【さくら接骨院・整体院】グループでは骨や筋肉、靱帯を専門的に見ております。交通事故による足の怪我のリハビリ施術が出来る院ですので、安心して来院していただけます。

リハビリは足の怪我の回復だけではなく、日常生活に戻るための筋力も回復しないといけません。

筋肉は使わなければ、1週間ほどでも筋力が低下してしまうのでリハビリをしていきましょう。

足の怪我の痛みを早く取る、筋力を元に戻すためにも、交通事故の患者様は予約制、夜20時まで受付していますので安心して来院して頂けます。

早期回復が大事です!   名古屋市北区【さくら接骨院・整体院】

事故の際、骨折などレントゲンにもはっきり写る怪我だったり、痛みが初めからある場合だと当然のことながら施術を受けることでしょう。でも、交通事故のケガには始めは痛みが自覚できず、しばらくしてから痛みや違和感などのなんらかの異常が出てくることがあります。

交通事故の代表的な首の痛みであるむち打ちなどは、数日あとや、忘れたころに痛みが出てくることもあります。頭痛、身体がだるい、節々の痛みなどです。時間が経過してしまっただけに、病院に行きづらかったり、しばらくすればよくなるだろうという軽い気持ちから痛みを放置しておくと、のちのち慢性的な痛みや倦怠感に悩まされ続けることになってしまいます。

身体が痛かったりつらかったりすると、気持ちにも影響が出てきて憂鬱になったり仕事に集中できないなど日常生活や仕事に影響の出てきてしまうことになってしまいます。また、加害者の立場だったのでなんとなく自分の体には注意を払わずに時間が過ぎてしまい、気が付くと我慢が出来ないほどの痛みに悩まされるようになってきたという事態もあります。

交通事故の加害者になってしまったら

加害者の立場であれば、事故後の処理などもありますからそこに身体の不調が加わるとただでさえある精神的な負担はさらに大きくなってしまいます。骨折などのケガとは違い、痛みや倦怠感は本人にしかわからないものです。

骨折もしていないのに、大げさだと思われないかと思い痛みを訴えるのをためらってしまうかもしれません。ですが、放っておいたことが状態の悪化や長期のつらさを招くことになるので、この程度ならと自己診断せず、病院で診察、検査をしてもらうようにしましょう。

愛知県名古屋市北区【さくら接骨院・整体院】グループは、

交通事故(むち打ちなど)のケガにおいて必ずおちからになりますよ!

もしお悩みでしたらご気軽に相談して下さいね。

さくら整骨院 交通事故相談専用回線 052-912-9300